pippin公認プロ <お買い物相談はこちら>

マンションでうさぎと暮らす|お部屋選びの条件、これだけは!

この記事では、マンションでうさぎと暮らしたい方へ、お部屋選びのポイントとなる「安全」「安心」「防災」の3つのキーワードについて紹介しています。

「ワンルームでも、うさぎは飼える?」

「どんなお部屋がいいの?」

マンションでうさぎを飼いたいと検討中の方は「自分の部屋でも飼えるかな?」と不安に思われる方も多いのではないでしょうか。

新しく引越し予定の方も「どんな部屋を選べばいいのかわからない」と悩まれる方もいらっしゃるかも。

でも、大丈夫!

「マンションでうさぎと暮らすなら、これだけは検討して欲しい条件3つ」をわかりやすくご紹介します。

うさぎと暮らすお部屋選びの3つのキーワード
  • 安心
  • 安全
  • 防災
うさぎと暮らして通算15年目です♪

大事なことだけ、わかりやすく紹介します。

ぜひ最後までお付き合いくださいね♪

うさぎと暮らすマンション・お部屋選びの条件は、安心・安全・防災がキーワード

うさぎと暮らすマンション・お部屋選びの条件。

後悔のない選択をするには、安心・安全・防災をキーワードに選ぶことがおススメです。

その理由は…

うさぎもヒトも、双方にとって安心と安全が守られていないとストレスになってしまい、共同生活が長続きしないから。

もうひとつの理由は、地震や大雨などを経験し「ペットの防災」の重要性を強く実感しているからです。

うさぎの寿命は7〜8年。

10歳を超えるうさぎもたくさんいます。

飼い主
飼い主

できるだけ、長く健康でいて欲しいし、お互いが居心地よくいたいよね♪

では、さっそく3つのキーワードについてをご紹介していきますね♪

安心|ペット可のお部屋を選んで、うさぎもヒトも安心にくらす

最優先して欲しい条件が、ペット可の物件でうさぎと暮らしてほしいということ。

うさぎは散歩もいらんし、小さいから大丈夫ちゃう?

ところがです…!

飼い主
飼い主

(こっそり)うさぎ、存在感すごいんですよ…!!

怒った時は後ろ足で「ダンっ」と床を太鼓のように打ち鳴らす。

テンションが上がると、ごきげんでダッシュして走り回ったりジャンプしたり。

うさぎの脚は強い…!!
うさふわ
うさふわ

うさぎ界隈では「足ダン」「大運動会」と呼ばれてるよ♪

それはそれは可愛くて微笑ましい時間なのですが。

もし、これがペット不可のマンションで繰り広げられていたら…

ヒヤヒヤして気が気じゃないと思います。

自分にとっては家族のような存在であるうさぎを、隠さなくては一緒に暮らせないということも、想像するとつらいですよね。

バレてしまうと、金銭的にも社会的な信用の面でもダメージを受けてしまうかもしれません。

うさぎと「安心」に暮らすには

うさぎは「ペット可」のお部屋で飼いましょう

今のお部屋がペット禁止の場合

ペット禁止でも「うさぎなどの小動物はOK」という場合があります!

管理会社にマンションの規則を確認してみてもいいかも。

▼マンションがペット禁止だった場合の対応を、詳しく知りたい方はこちら

マンションがペット禁止だったらうさぎは飼える?|結論:やめた方がいい

安全|ワンルームでもOK!問題は広さより安全なスペース

2つめの条件は広さの問題です。

うさぎのケージ(小屋)は、幅60〜80㎝、奥行き50〜60㎝、高さ60㎝前後が一般的なサイズです。

幅80㎝のケージはこんな感じ

運動不足とストレス解消のために、毎日1時間前後はお部屋で遊ばせてあげる必要がありますが、最低限必要と言われているスペースは畳1〜2畳分ほど。

飼い主
飼い主

我が家では、幅80㎝のケージを置いて、10畳くらいのお部屋で遊ばせています!

こけもも
こけもも

寝てばっかでごめんやで〜

最低限必要なスペースは合計でも3畳分ほどで大丈夫そうですね。

ですので、ワンルームでもOKだといえます。

ただ、同じワンルームや1Kでも、逆に広いお部屋であっても「安全なスペースがどれくらいあるか」が重要

  • 荷物が多い
  • ものが散らかりがち
  • コード類がうさぎの遊ぶスペース内にある

これらに当てはまる場合は注意が必要です。

「安全」に暮らすポイント

うさぎが暮らすために最低限必要なスペースは、ケージ(小屋)を置く+畳1〜2畳分!

防災対策|キャリーに入ったうさぎと避難することを想定して選ぶ

3つめの条件は、避難を想定して部屋を選ぶということ。

数年前の実体験のお話です。

大雨の影響でマンションが半日以上停電に。

さいわい、避難の必要はなかったのですが…

当時住んでいたお部屋は11階。

避難リュックとうさぎのキャリーを持って、私の体力で降りられたかな…と心配になりました。

種類にもよりますが、うさぎは平均1kg〜2kg前後くらい。

ハードキャリーは2kg弱くらいが主流です。

お部屋選びは、室内の環境だけでなく「何階か」もポイントとなりそうですね。

それぞれ、体力や持久力、避難所までの距離も異なるので、自分の許容範囲にあった階を選んでくださいね!

飼い主
飼い主

ペット可の避難所が近くにあるかも確認しておきたいね

高層階にお住まいで心配になった場合

緊急で避難が必要になった場合は、命が最優先ですよね。

  • 避難リュックから、さらに最優先のものだけを入れた避難ポーチを作っておく
  • 軽量化されたキャリー(リュック型などもあります!)を導入する

こんな工夫を取り入れてみることをオススメします!

「防災対策」をして暮らす

避難時は、防災リュックの重さ+3〜4kgで階段を降りて避難することになります

他にもこんな条件を検討して、うさぎと暮らすマンション・お部屋を選びました

参考までに、私が「うさぎと暮らすお部屋」という視点で他に検討したお部屋選びの条件です。

周辺環境で気になる条件

近くにうさぎを診てくれる動物病院はあるか

→30分以内を目安に探しました

避難所はペット可か

→犬猫ばかりだとストレスかもしれないので、車避難も検討中

騒音などは問題のない範囲か

→音に敏感なうさぎは多いです!

周辺環境のポイントについて詳しく知りたい方はこちら

うさぎとヒトが快適に暮らせるマンションは?環境面のポイント

マンションの条件で気になる2点

ベランダの柵はスケスケじゃないか

→万が一の転落が心配

部屋が広すぎないか

→ペットゲートなどが設置しやすい間取り

まとめ

いかがでしたか?

うさぎと暮らすマンション・お部屋選びの基準や条件。

今日は厳選して3つの条件を紹介しました。

うさぎもヒトも安心・安全に、防災対策をして暮らすために
  • 安心→ペット可のお部屋で暮らす!
  • 安全→危険を回避した3畳以上のスペースが確保できるお部屋で暮らす!
  • 防災対策→いざとなった時、キャリーにいれたうさぎと一緒に避難できる階で暮らす!

これからうさぎと暮らすためのお部屋を探されている方、今一緒に住んでいるお部屋の工夫を知りたい方の参考になれば嬉しいです。

最後まで読んでくださりありがとうございます!

うさぎさんも、飼い主さんもhappyでありますように♪

マンションがペット禁止だったらうさぎは飼える?|結論:やめた方がいい うさぎとヒトが快適に暮らせるマンションは?環境面のポイント

2 COMMENTS

ごーど

こんばんは。:)
「足ダン」「大運動会」笑いました。
とっても有益で見やすいブログ素敵です。
うさぎとのご縁は小学校で飼ってたうさぎ以来無いので、
とっても新鮮な情報達でした。

こけももちゃん可愛いですね。
やっぱり癒しオーラが圧倒的ですね♪ :)

返信する
fuwari

ゴードさんこんばんは!
コメントありがとうございます。
足ダンも大運動会も、見ていただいたらきっと納得いただけると思うのです…!笑
写真を多めに、うさぎさんを飼わない人にも楽しんでもらえるような記事をお届けしたいなと思っているので、よかったらまた遊びに来てくださいね♪

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA