pippin公認プロ <お買い物相談はこちら>

うさぎの大好きおやつ|果物選びのポイント

この記事は、うさぎ初心者さんへ向けて「果物選びのポイント」をわかりやすく紹介しています。食べていいもの・気をつけた方がいいものと、ちょうどいい量やあげ方わかります。今よりもうさぎさんと仲良しになりましょう♪

こけもも
こけもも

くだもの!くだものちょうだい!

飼い主
飼い主

え?また?食べ過ぎだよ〜

こけもも
こけもも

くれないの!?けちんぼ!

ブゥブゥ!

うさぎと食べ物の中でも、果物は大好きで特別な存在。

とても美味しそうに食べる姿を見ていると、ついたくさんあげたくなります。

でも、ちょっと待って…!

うさぎさんに果物をあげるときは、注意するポイントがあるんです。

うさぎに果物をあげるときのポイント
  • うさぎの体の負担にならない量にする
  • 食べてはいけない果物を知っておく
  • 主食の牧草やペレットを嫌がらない範囲であげる
あげすぎはNG!

うさぎさんも飼い主もhappyでいるために、果物との付き合い方のポイントを知っておきましょう!

この記事で、わかりやすく紹介していきますね♪

うさぎにとって必要?果物をあげる理由

うさぎさんが生きていくために必要な栄養は、牧草とペレット、お水からほぼ全て摂ることができます。

栄養的には、おやつや果物は必要ない…?となりますね。

飼い主
飼い主

それでも、おやつや果物は必要!

こけもも
こけもも

いえす!くだもの、らぶ!

うさぎさんに、おやつや果物が必要な理由はこちら。

うさぎがおやつや果物を必要とする理由
  • うさぎと仲良くなれるから
  • うさぎの食生活が豊かになるから
  • 体調不良の時に食欲を取り戻すきっかけになるから

うさぎさんと飼い主さんの、コミュニケーションツールとなったり。

いろんな食感を知り、バラエティ豊かなな食生活となることで、うさぎさんの健康増進に繋がったり。

体調不良やもしもの避難生活などでストレスを感じた時に、食欲を取り戻すきっかけにもなります。

特に、体調不良時では、お薬が必要なときに、おやつや果物と一緒にすると食べてくれた!ということもあります!

飼い主
飼い主

いろんな意味で、必要だね♪

中でも果物は、うさぎさんのテンション上がりまくりの大好きなおやつ!

上手な選び方・付き合い方を知って、うさぎさんも飼い主さんもhappyで健康にいたいですよね♪

まずは、上手な付き合い方を紹介していきます!

果物はうさぎにとって、とっておきのおやつ!

イチゴを食べて、魅惑の赤リップに。

うさぎさんにとって、果物というおやつをどう位置付けするか…

一言でいうと、

ちょっと特別な、最上級のおやつ!

です♪

特に、大好きな飼い主さんの手からもらった果物は特別♪

ですが、食べ過ぎは禁物です。

うさぎが果物を食べすぎるデメリット
  • お腹を壊して下痢になりやすい
  • 消化機能が不調になってうっ滞という病気になりやすい
  • 肥満の原因になる

いくら喜ぶ姿が見たくても、うさぎさんの健康がいちばん大事。

ちょうどいい量と頻度を知っておくと、安心して果物をあげられるようになります♪

うさふわ
うさふわ

次は、果物をあげるときの具体的なポイントを紹介するね♪

うさぎに果物をあげるときの量・頻度は?いつからOK?

うさぎに果物をあげるときに意識したい「量」「頻度」「いつくらいからあげるか」を紹介します♪

  • 量は5〜10gほどが目安
  • 頻度は1〜2週間に1回程度が目安
  • 食べ始めてOKな時期は生まれて3か月ほど経ってから

量は1回7〜8g程度

うさぎさんの体重1kgにつき、5g程度が目安です。

例えば我が家の場合だと、1.4kgなので7〜8g程度が目安ということになります。

ちなみに、小粒のいちごが1つ8g程度です♪

量は、数字だけで判断せず、

  • 牧草やペレットもちゃんと食べるか
  • 下痢したりなど、体調を崩していないか

こういった反応を見て、ちょうどいい量を見つけていってくださいね!

うさふわ
うさふわ

1回に食べてもいい量は、小粒のいちご1つ分が目安だよ

頻度は1〜2週に1回程度

果物は水分も多く、糖分も高いものが多いので、食べ過ぎはうさぎさんの体の負担になります。

肥満の原因にも…!

1〜2週に1回の頻度であげることが目安です。

うさふわ
うさふわ

週末のご褒美おやつにしたり、もう少しマメにあげたい時は1回の量を少なくしてね♪

食べ始める時期は生後3か月ごろ以降から&お家に慣れてから

食べ始める時期

うさぎさんが、果物をきちんと消化できるようになるのは、離乳して牧草を食べるようになり、2週間以上は経ってから。

生まれてからでいうと、3か月くらいは経ってからあげることをオススメします。

初めての時からいきなり7〜8gあげると、うさぎさんの体がびっくりしてしまうかも!

「数口分あげる→翌日などに体調不良がないことを確認→次回はもう少し増やす」といった風に、段階的に様子を見て増やしてあげてくださいね♪

うさふわ
うさふわ

生まれて3か月くらい経ってからスタートして、量も段階的に増やしていってね!

お家に慣れてからあげる

特に、うさぎさんをお家へお迎えしてすぐの方に気をつけていただきたいポイントです。

うさぎさんは、変化に弱く、ドキドキしてしまう生き物です。

「新しい環境だからこそ、早く仲良くなりたい!」

その気持ちはとってもよくわかりますが、新しい環境に新しい食べ物…と、新しいことが重なると、負担になってしまいます。

うさふわ
うさふわ

うさぎさんがお家に慣れて、リラックスしている様子がわかってから、初めての果物を一緒に楽しんでね♪

うさぎが食べられる果物

うさぎさんが食べられる果物はこちら!

他にも、スターフルーツ、さくらんぼ、プラム、杏、ナツメ、いちじく、くこのみ、柿、 など

パイナップルには消化を助けてくれる効果も!

こけもも
こけもも

青パパだいすき!

うさぎさんが食べられる果物の中でも、パイナップルや青パパイヤには消化酵素が含まれています。

うさぎさんは、毛繕いしたときに毛を飲み込んでしまうことがあり、胃腸の働きが弱まると「毛球症(もうきゅうしょう)」という病気になってしまうリスクも。

パイナップルやパパイヤ自体は、お薬の代わりにはなりませんが…

サプリ的な役割を期待して、我が家では換毛(かんもう・うさぎさんの毛が生え変わること)の時にあげたりしています♪

\乾燥のものもあるので、あげやすいです♪/

ドライフルーツは、量にも注意!

こけもも
こけもも

ほんとは、もっと欲しいんやで!

うさぎさんが食べられる果物は、ドライフルーツでもOK♪

  • お砂糖が加えられていない無添加のもの
  • 甘みがぎゅっと凝縮されているので、量は生の果物よりも少なめに!

このポイントはしっかり押さえておいてくださいね!

うさぎが食べてはいけない・避けた方がいい果物

うさぎさんに食べさせてはいけない果物はこちら。

柑橘類

うさぎさんにとって、柑橘類は消化が難しい果物。

特に、みかんなどの薄皮は、喉を詰まらせてしまうリスクもあります。

実自体がダメなわけではないのですが…あえて食べさせる必要もないので、避けた方がベターな果物です。

アボカド

アボカドは脂肪分が高く、うさぎさんの体にとっては負担が大きすぎる食べ物です。

また、アボカドに含まれている「ペルシン」はうさぎにとっては有毒なもの。

うさぎさんが間違って食べてしまわないように、おく場所なども気をつけてあげてくださいね。

うさぎさんとお野菜について

果物と同じように、お野菜も食べられるものと、ダメなものがあります!

気になった方はこちらの記事で紹介しています。

【随時更新】うさぎが食べる毎日のおやつ|お野菜のOK・NGと選び方

うさぎと果物・まとめ

いかがでしたか?

うさぎさんにとっては、テンションの上がる大好きなおやつである果物。

うさぎさんの健康のために、気をつけたいポイントを紹介しました。

うさぎに果物をあげる時のポイント
  • 量は1回8gぐらいまで
  • 1〜2週間に1回ほどの頻度で
  • 生後3か月は過ぎてから少しずつ
  • 柑橘類やアボカドは避ける
  • ドライフルーツなど糖度の高いものは、さらに量に気をつける
うちの子はりんごが大好き!
バナナは特別な日のおやつにしているよ♪

うさぎさんと飼い主さんの、コミュニケーションツールとしても役立ってくれる果物。

上手に付き合って、今日もうさぎさんと飼い主さんがhappyでありますように♪

にほんブログ村 うさぎブログ うさぎのいる暮らしへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA